1. TOP
  2. ベースチェアコラム
  3. その他
  4. 不動産売却や賃貸物件入居に今、人気のホームステージングを利用しよう

不動産売却や賃貸物件入居に今、人気のホームステージングを利用しよう

少子高齢化社会である日本。それに伴い中古住宅の需要も年々増加傾向にあります。
その中で賃貸の入居者がなかなか見つからないや分譲住宅を売却する、いわゆる不動産売却に時間がかかったりなど新しい課題もでてきました。
そんな時代において注目されているのが、「ホームステージング」。ネットや雑誌等で、たまに聞いたことがある…という人もいるかもしれません。
ホームステージングはインテリア業界はもちろんのこと、不動産仲介業者や、不動産デベロッパーなどの住宅販売業やマンション経営・賃貸関連等、様々な方々が利用されているようです。今回はホームステージングとはどんなものか?や、ホームステージングで使用する家具などご説明していきます!

ホームステージングとは?

まずそもそもホームステージングとは?ということから説明していきたいと思います。

ホームステージングは、「HOME(家)と「STAGING(演出する)を組み合わせた言葉です。簡単に言うと、売却・賃貸予定の不動産の内装を家具やインテリアでコーディネートし、物件の魅力を生かす手法のことです。1970年代にアメリカで始まりました。もともと欧米では中古物件の販売・購入が日本よりも頻繫に移る文化があります。

そのためホームステージングをすることで早く、高く中古不動産売却が進んだり、賃貸物件の入居率が上がったりと様々なメリットがあります。

ホームステージングのメリット・デメリット

ホームステージングを利用するにあたってメリット・デメリットをお伝えしていきます。
まずはメリットをご説明していきたいと思います。

住む・暮らすイメージを持ちやすい

中古住宅や、空室の賃貸物件では、何もない部屋を内見したりするのが日本では常識ですが、具体的な"モノ"があると、実際に住むときはこんな間取りにしようや、この配置は分かりやすいなといったユーザーに暮らす印象を抱かせやすくなります。そのため早期に入居者が決まったり、不動産売却が進んだりとホームステージングしたことで、その家の価値をきちんと理解してもらえるようになります。

部屋の欠点を、きちんと理解してもらえる

それぞれの物件には当然、メリットもあれば、住み慣れないといけないと思わせるデメリットも存在します。ただしそれを触れずに進めてしまうと、新しく暮らす人のためにはなりません。一方で隠していなくても、隠していたという心象が悪くなる可能性もあります。

そのためホームステージングを活用することで、住み慣れないといけないデメリットも伝ると同時に、
家具の配置などによってデメリットの解決策や提案というイメージをもたせることができます。

次にデメリットをお伝えします。

費用がかかる

ホームステージングが良いと思っても、やはり家具や小物を揃えるのに費用がかかります。
またホームステージングも業者に依頼する場合と自分で揃えるDIYがありますが、いずれにしても「お金」という部分では共通のデメリットになってきます。

時間がかかる

費用面だけでなく、時間がかかるということもデメリットの一つになります。
業者に依頼する場合は業者との打ち合わせなどは必要となります。
またDIYでホームステージングをする場合も、様々なお店を巡って家具や小物を集める時間が必要になります。

ホームステージングの家具はどうすればいいの?

日本でホームステージングの家具を用意するのに人気なのは「レンタル・サブスク」を活用する場合が多いです。家具レンタル・サブスクサービスは、予め期間を決めてレンタル・サブスクするため物件の売却や入居が決まった場合は家具自体を回収してもらう、もしくは別の空室に移動させるなど柔軟に家具を活用することができます。

またサービス提供者によってはレンタル・サブスクが終了すると買取ることができる場合もあるため、
修理費用は購入者が負担しなければならないなど、諸条件はありますが、対応してもらえます。

そのため、大きな家具関連は業者に任せて、小物などはご自身で揃えるということも良いかもしれません。

おすすめ家具ブランド

ファミリー向けやワンルームにおすすめ

HIDA(飛騨産業)

日本の老舗家具メーカーとして家庭用の木工家具として有名なのがHIDAです。
産学連携で大学や研究機関等が持つ研究成果、技術やノウハウを活用して作ったチェアや、木工チェアとしてグッドデザイン賞を受賞している椅子もあります。

冨士ファニチア

日本の老舗家具メーカーとして他社メーカーには無い「成型合板」技術を使った家具を製造しているのが冨士ファニチアです。
在宅ワーク・書斎向けのDENシリーズ・OKAシリーズなどをラインナップされています。

在宅ワークをイメージさせやすい高級チェア

Aeron Chair(アーロンチェア)

高級チェアといえば、名前をよく聞くのがアーロンチェアです。
人間工学(エルゴノミクス)、人体の運動理論に基づいて設計されたチェアで、シートクッションを取り除きメッシュを採用した世界初の椅子です。一人ひとりの体型や使うシーンに合わせて細かく調整できる機能の充実と、通気性や理想的な体重分散を実現したメッシュの張り地が腰にかかる負担を軽減し、腰痛対策することができます。

Ergohuman(エルゴヒューマン)

2005年に誕生し、同じく人間工学に基づいてデザイン・設計をしたチェアがエルゴヒューマンです。
特に腰へのフィット感やサポートという部分に意識して設計・デザインされています。
一番の特徴は独立したランバーサポートであり、この機能によってより座っている人の体格と体重に応じて動き、腰をサポートすることができます。

イトーキ(ITOKI)

日本の大手メーカーとして、オフィス家具(オフィスチェア)を手掛けているのがイトーキです。
デザインもグッドデザイン賞を受賞されるチェアや人間工学に基づいて設計されている椅子など、
集中して仕事できるオフィスチェアとして様々なタイプのチェアを手掛けられています。

AKRacing(エーケーレーシング)

今、流行りゲーミングチェアとして名前を聞くのがエーケーレーシングです。
ゲーミングチェアといだけあって長時間に渡って、ゲームをしていても疲れないように設計されているため、腰痛対策なども自ずとできるチェアになっています。
デザインもカッコイイものが多く、若い世代に人気のブランドです。

admin

WRITER

admin


一覧へ戻る