1. TOP
  2. ベースチェアコラム
  3. その他
  4. VUCA時代はオフィス家具も購入するよりレンタル・サブスクにしたほうがおすすめ

VUCA時代はオフィス家具も購入するよりレンタル・サブスクにしたほうがおすすめ

日本の各企業が始動し、日本にも少しずつ定着化していっている在宅ワーク(テレワーク)。
時代の変化に伴い、企業も「オフィス」自体の見直しする企業も少なくありません。
このような混沌とした先行き不透明な時代において、オフィス家具も購入するのではなく、レンタル・サブスクサービスを活用する考え方もでてきました。
今回はオフィス家具をレンタル・サブスクがおすすめであることをお話したいと思います。

家具レンタル・サブスクサービスって何?

まずそもそも家具レンタル・サブスクとは?ということから説明していきたいと思います。
家具レンタル・サブスクは、自宅やオフィスなどで使用する家具を一定期間借りることができるサービスです。
「家具は購入するもの」の慣習がある日本でまだまだ馴染みがないサービスです。

オフィス家具をレンタル・サブスクサービスで利用するメリット

ここからはオフィス家具をレンタル・サブスクで利用するメリットをお伝えしていきます。

初期出費費用が安い

オフィス家具をレンタル・サブスクする最大のメリットは、初期出費費用が圧倒的にお得になります。
オフィス移転や採用強化などで、オフィス家具を購入する際には、予算の関係上、安い家具を購入するしかなかったこともあったと思います。

しかし家具レンタル・サブスクを活用することで、これまでは利用することができなかった高級チェアや有名ブランドな家具をオフィスで使うことができます。
またレンタル・サブスクサービス内容によっては、一定期間を利用した後、そのまま使用している家具を購入できたり、譲渡してもらえます。

廃棄費用がかからない

オフィス家具を購入後に、オフィス移転などで使っていた家具が急遽、不要になる場合があると思います。その場合は廃棄するのに、廃棄費用が発生します。
また費用だけでなく、それに付随する業者への連絡などの準備といった時間という見えないコストも発生してきます。
レンタル・サブスクサービスを活用することで、廃棄(=回収)費用は月額利用料に含まれていることがあります。
そのため不要になった家具があった場合は、回収する日程を調整して、回収してもらうだけで良いので余計な時間もかかりません。

経理処理の負担が軽減される

家具を購入すると減価償却などの処理が別途発生します。そのためきちんと資産管理をしなければなりません。
しかし、レンタル・サブスクサービスは、自社の資産ではありません。そのため経理としては経費として処理するだけになります。結果としてバックオフィスの業務効率化も実現することができます。

admin

WRITER

admin


一覧へ戻る