1. TOP
  2. ベースチェアコラム
  3. ツール
  4. 家で仕事するときの椅子は健康予防できる高級チェアをレンタルしよう

家で仕事するときの椅子は健康予防できる高級チェアをレンタルしよう

日本の各企業が始動し、日本にも少しずつ定着化していっている在宅ワーク(テレワーク)。
しかし、在宅ワークの定着とともに、運動不足や腰痛など、健康に対して意識している方も少なくありません。
今回は家具レンタル・サブスクサービスを利用することで、在宅ワークで使う椅子(チェア)を利用し、普段の簡単な健康予防をしていくことがおすすめであることをご説明していきたいと思います。

家具レンタル・サブスクサービスって何?

まずそもそも家具レンタル・サブスクとは?ということから説明していきたいと思います。
家具レンタル・サブスクは、自宅やオフィスなどで使用する家具を一定期間借りることができるサービスです。
「家具は購入するもの」の慣習がある日本でまだまだ馴染みがないサービスです。

高級チェアを利用するメリット

ここからは家具レンタル・サブスクで利用できる高級チェアを利用するメリットをお伝えしていきます。

長時間座っても疲れにくい

高級チェアを利用する一番のメリットは断トツで「座り心地」です。人間工学に基づいて設計されており、研究に研究を重ねて作られた椅子です。もちろん他のチェアも座り心地を追及していないわけではありません。しかし素材や疲れにいくクッションといった長時間座っても、疲れにくいことが最大のメリットです。
また肘や座面にランバサポート調整やロッキング機能といった座る態勢も使う人によって調整できる機能を兼ね備えています。
結果として、同じチェアであっても一人ひとりに適した座り心地を実現することができます。

すぐに壊れない(寿命が長い)

椅子は様々な工夫を凝らして、長く使用できるように設計されていますが、その中でも高級チェアはパーツやつなぎ目や木造チェアでもあっても、耐久力強化のために製造工程で増やしてさらにひと手間加えているものが多いです。
そのため、高い価格でも悩む価値あるものになっているのです。

高級チェアでおすすめなブランド

Aeron Chair(アーロンチェア)

高級チェアといえば、名前をよく聞くのがアーロンチェアです。
人間工学(エルゴノミクス)、人体の運動理論に基づいて設計されたチェアで、シートクッションを取り除きメッシュを採用した世界初の椅子です。一人ひとりの体型や使うシーンに合わせて細かく調整できる機能の充実と、通気性や理想的な体重分散を実現したメッシュの張り地が腰にかかる負担を軽減し、腰痛対策することができます。

Ergohuman(エルゴヒューマン)

2005年に誕生し、同じく人間工学に基づいてデザイン・設計をしたチェアがエルゴヒューマンです。
特に腰へのフィット感やサポートという部分に意識して設計・デザインされています。
一番の特徴は独立したランバーサポートであり、この機能によってより座っている人の体格と体重に応じて動き、腰をサポートすることができます。

イトーキ(ITOKI)

日本の大手メーカーとして、オフィス家具(オフィスチェア)を手掛けているのがイトーキです。
デザインもグッドデザイン賞を受賞されるチェアや人間工学に基づいて設計されている椅子など、
集中して仕事できるオフィスチェアとして様々なタイプのチェアを手掛けられています。

HIDA(飛騨産業)

日本の老舗家具メーカーとして家庭用の木工家具として有名なのがHIDAです。
産学連携で大学や研究機関等が持つ研究成果、技術やノウハウを活用して作ったチェアや、木工チェアとしてグッドデザイン賞を受賞している椅子もあります。

冨士ファニチア

日本の老舗家具メーカーとして他社メーカーには無い「成型合板」技術を使った家具を製造しているのが冨士ファニチアです。
在宅ワーク・書斎向けのDENシリーズ・OKAシリーズなどをラインナップされています。

AKRacing(エーケーレーシング)

今、流行りゲーミングチェアとして名前を聞くのがエーケーレーシングです。
ゲーミングチェアといだけあって長時間に渡って、ゲームをしていても疲れないように設計されているため、腰痛対策なども自ずとできるチェアになっています。
デザインもカッコイイものが多く、若い世代に人気のブランドです。

admin

WRITER

admin


一覧へ戻る